先進的糖尿病の試み

日本先進糖尿病治療研究会は立場が異なるものが、共通の先進的な糖尿病治療の理解と 実践能力の向上を目指すというコンセプトの下に活動する研究会です。

WHAT's new

第17回日本先進糖尿病治療研究会
第17回日本先進糖尿病治療研究会を
下記のとおり開催いたします。
多くの方々のご来場をお待ちしております。
  • 当番世話人挨拶


「第17回日本先進糖尿病治療研究会」

当番世話人: 新潟医療生活協同組合 木戸病院
糖尿病センター 糖尿病内科
  津田 晶子
  新潟大学大学院医歯学総合研究科
血液・内分泌・代謝内科
  曽根 博仁
開 催 日: 2017年10月21日(土)
会   場: 朱鷺メッセ
  〒950-0078
新潟県新潟市中央区万代島6-1
  https://www.tokimesse.com/
主   催: 日本先進糖尿病治療研究会
後   援: 一般社団法人 日本糖尿病学会

■ プログラム

基調講演
テーマ: 「医療ビッグデータが開く新しい糖尿病治療学」
演者: 曽根 博仁 (新潟大学)
特別講演- 1
テーマ: 「1型糖尿病の成因と今後の治療」
演者: 小林 哲郎 (冲中記念成人病研究所)
ランチョン
セミナー
テーマ: 「CGM を利用した新しい糖尿病治療」
演者: 西村 理明 (東京慈恵会医科大学)
シンポジウム
テーマ: 「1型糖尿病とともに生きる」
シンポジスト: 岡田 果純
「社会人3年目となって」
  服部 麗
「1型Dr.が伝えたい3つのこと」
  長谷川 晃
「理想の人生を叶える」
  飯田 智恵
「出産・子育てと患者会活動」
特別講演- 2
テーマ: 「Closed loop pump」
演者: Dr. Bruce W. Bode (Emory University)
特別講演- 3
テーマ: 「多能性幹細胞を用いた再生医療の展望について」
演者: 川口 義弥 (京都大学iPS細胞研究所)

■ 一般演題募集のお知らせ

演題募集締め切り:2017年7月26日(水) 必着

募集対象

先進的糖尿病治療に携わっている糖尿病専門医、治療に関心のある医師、糖尿病療養指導士、コメディカルスタッフ、関連企業および先進的糖尿病治療を行っている患者さん。

応募方法

2017年4月27日より当ページから応募フォームをダウンロードできます。

演題応募フォームを下記よりダウンロード頂き、
演題名・氏名・フリガナ・所属を記載の上、目的・方法・結論を800 字以内(図表なし)にまとめて、asindtj@intergroup.co.jpまでメール添付にてお送り下さい。
また、メールを送信する際に、発表者名をご明記下さいますようお願い申し上げます。

第17回日本先進糖尿病治療研究会の演題応募フォームはこちら

■ 演者の先生方へ

利益相反(COI)の開示

日本先進糖尿病治療研究会での発表者には利益相反の開示が義務づけられております。
演題発表時にはCOIの有無にかかわらず必ず下記のスライドを2枚目(タイトルスライド後)に写してください。

■ 連絡先

第17回日本先進糖尿病治療研究会 運営事務局
株式会社インターグループ内
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4F
TEL:03-5549-6914 FAX:03-5549-3201
E-mail:secret-2@intergroup.co.jp